チャンタの映画感想ブログ

新作・旧作映画のレビューブログです。ネタバレはできるだけ避けています。

『あの頃。』~映画感想文~

※この記事はちょっとだけネタバレしています。

 

『あの頃。』(2021)

f:id:Heinoken:20210312173845j:plain

上映時間:117分

監督:今泉力哉 脚本:冨永昌敬

マネージャーやプロデューサー、ベーシストとして「神聖かまってちゃん」などのバンドや音楽ユニットにかかかわってきた劔樹人の自伝的コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」を、松坂桃李主演で実写映画化。大学院受験に失敗し、彼女もお金もなくどん底の生活を送る青年・劔。松浦亜弥のミュージックビデオを見て「ハロー!プロジェクト」のアイドルに夢中になった彼は、イベントで知り合ったコズミンら個性的な仲間たちとともに、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する。しかし時は流れ、仲間たちはアイドルよりも大切なものを見つけて離れ離れになっていく。そんなある日、コズミンがガンに冒されていることを知った劔は、かつての仲間たちと再会を果たすが……。「愛がなんだ」の今泉力哉監督がメガホンをとり、「南瓜とマヨネーズ」の冨永昌敬が脚本を手がけた。劔がアイドルにハマるきっかけとなる松浦亜弥役を、「ハロー!プロジェクト」のアイドルグループ「BEYOOOOONDS」の山崎夢羽が演じる。(映画.comより)

 

”好き”に救われるということ

どうしようもない奴らの

どうしようもなく愛おしい「あの頃」

 

最近、邦画ばっかり観ている私ですが、本当は『ダニエル』とか『カポネ』とか観たいなーと思いつつ、なんとなく後回しにしてしまっている現状でございます。

この記事を書き始めた3/8には『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が始まってしまいまた洋画作品が後回しに、、、

 

と、どうでもいい前置きはさておき、『あの頃。』観て参りました!

公開初週の土曜日に鑑賞したのですが、劇場の入りはそんなにでした。映画好きと、あとモーヲタらしき人達が散見されましたね。

 

かくいう僕自身、2013年~2017年にかけてハロープロジェクトのアイドルにハマっていた時期がございまして。。。

道重さゆみの卒コンにも行って号泣した挙句、隣の年季の入った先輩ヲタ(a.k.a知らないオジサン)とニッコリ笑いあったなぁとか思い出しましたよ。。。

 

続きを読む

『すばらしき世界』~映画感想文~

※この記事はちょっとだけネタバレしています

 

『すばらしき世界』(2021) 

f:id:Heinoken:20210307105844j:plain

上映時間:126分

監督・脚本:西川美和

「ゆれる」「永い言い訳」の西川美和監督が役所広司と初タッグを組んだ人間ドラマ。これまですべてオリジナル脚本の映画を手がけたきた西川監督にとって初めて小説原案の作品となり、直木賞作家・佐木隆三が実在の人物をモデルにつづった小説「身分帳」を原案に、舞台を原作から約35年後の現代に置き換え、人生の大半を裏社会と刑務所で過ごした男の再出発の日々を描く。殺人を犯し13年の刑期を終えた三上は、目まぐるしく変化する社会からすっかり取り残され、身元引受人の弁護士・庄司らの助けを借りながら自立を目指していた。そんなある日、生き別れた母を探す三上に、若手テレビディレクターの津乃田とやり手のプロデューサーの吉澤が近づいてくる。彼らは、社会に適応しようとあがきながら、生き別れた母親を捜す三上の姿を感動ドキュメンタリーに仕立て上げようとしていたが……。(映画.comより)

予告編

www.youtube.com

 

何てことない地獄のようなこの世界で生きること

コスモスと広い空のような美しさはどこにあるのか。

すばらしき座組による”人間の美しさ”を問う傑作!!

 

今年に入ってから『花束みたいな恋をした』、『ヤクザと家族 The Family』と、映画ファン以外にも広がっている邦画の現状がすごいわけですが、本作もその中の1本でしょう。

heinoken.hatenablog.com

heinoken.hatenablog.com

公開2週目に鑑賞したのですが、客席も8割は埋まってましたし、年齢層も幅の広い印象でした。

まぁでも、役所広司が出てて、予告編からも骨太な名作感がビンビンでしたので、普段映画をあまり観に行かない人も、行かなきゃっていう気分にもなるでしょう。

 

まず結論から申し上げると、まごうことなき傑作でした!

技術面でも高いクオリティだし、なんと言っても役所広司の圧倒的な演技力ですよ。役所さんの出演作を全部観ているわけではないですが、本作の主人公・三上は役所さんの中でもベストアクトに入ってくるんじゃないでしょうか。

 

続きを読む

『ヤクザと家族 The Family』〜映画感想文〜

※この記事はちょっとだけネタバレしています。

 

『ヤクザと家族 The Family』(2021)

f:id:Heinoken:20210223200309j:plain

上映時間:136分

監督・脚本:藤井道人

「新聞記者」が日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた藤井道人監督が、時代の中で排除されていくヤクザたちの姿を3つの時代の価値観で描いていくオリジナル作品。これが初共演となる綾野剛舘ひろしが、父子の契りを結んだヤクザ役を演じた。1999 年、父親を覚せい剤で失った山本賢治は、柴咲組組長・柴崎博の危機を救う。その日暮らしの生活を送り、自暴自棄になっていた山本に柴崎は手を差し伸べ、2人は父子の契りを結ぶ。2005 年、短気ながら一本気な性格の山本は、ヤクザの世界で男を上げ、さまざまな出会いと別れの中で、自分の「家族」「ファミリー」を守るためにある決断をする。2019年、14年の出所を終えた山本が直面したのは、暴対法の影響でかつての隆盛の影もなくなった柴咲組の姿だった。(映画.comより)

予告編

www.youtube.com

 

“煙”に包まれた男の一生

ヤクザという疑似家族と、排除される者たちへの鎮魂歌

主演・綾野剛の凄みが光る意欲作!!

 

本ブログ今年の1本目の大傑作、『花束みたいな恋をした』の記事を書いていた頃に同時に話題沸騰していた本作。遅ればせながら、先週鑑賞してまいりました!

平日のお昼という時間もあり、年配のお客さんが多めでした。ただパンフレットは売り切れで、後日、別の映画館に行っても売り切れだったので、多くのお客さんの心は掴んでいるのでしょう。

 

僕の感想はこんな感じ。

 

続きを読む

『花束みたいな恋をした』〜映画感想文〜

※この記事はちょっとだけネタバレしています。

 

『花束みたいな恋をした』(2021)

f:id:Heinoken:20210131215550j:plain

上映時間:124分

監督:土井裕泰  脚本:坂元裕二

東京ラブストーリー」「最高の離婚」「カルテット」など数々のヒットドラマを手がけてきた坂元裕二のオリジナル脚本を菅田将暉有村架純の主演で映画化。坂元脚本のドラマ「カルテット」の演出も手がけた、「罪の声」「映画 ビリギャル」の土井裕泰監督のメガホンにより、偶然な出会いからはじまった恋の5年間の行方が描かれる。東京・京王線明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦と八谷絹。好きな音楽や映画がほとんど同じだったことから、恋に落ちた麦と絹は、大学卒業後フリーターをしながら同棲をスタートさせる。日常でどんなことが起こっても、日々の現状維持を目標に2人は就職活動を続けるが……。(映画.comより)

 

予告編

www.youtube.com

 

主人公たちの懸命さや愚かさの全てが愛おしい

圧倒的脚本力で描く若者たちの”奇跡の時間”

恋愛映画の新たな大傑作!!

 

年末の雑なベスト10記事でも決意したように、今年は頑張って観た映画全部記事にしていきたいと思っているのですが、2021年初投稿は、今年2本目となったこの作品!(1本目は大九明子監督の『私をくいとめて』)

公開2日目の土曜日の昼の回を観に行ったんですが、女性グループ、カップル、老夫婦などなどたくさんの人が入っていました。

久々にストレートな恋愛映画、加えて主演が菅田将暉有村架純となるとさすがに色んな人が観に来るもんですね。もちろん、坂元裕二が脚本という部分で観に来た人も大勢いるでしょう(僕もその1人)

で、鑑賞後の僕の感想はこんな感じ。

続きを読む

チャンタ的 2020年映画ベスト10

ご無沙汰しております。

コロナ禍で完全在宅ワークになったのをきっかけに再開したこのブログ。

仕事が忙しくなって案の定三日坊主的な感じで8月の更新が最後になってしまったことが、本当に私のルーズさを物語っているのですが・・・(笑)

 

今年は本当に映画にとっては大変な1年でしたね。

劇場が閉まり、楽しみにしていた作品は延期になり、配信限定の映画やドラマが盛り上がり、、、

映画好き、そして映画に関わる仕事をしている身としてはなかなか辛いものもありましたが、そんな中でもいい映画というものは世に送り出され、私たちに感動や衝撃を与えてくれていました。

 

ということで、今年公開された作品の個人的ベスト10をここに書き留めておきたいと思います!

一応順位はつけますが、どれも素晴らしい作品ですし、そもそも映画に順位をつけるなんてナンセンスですが、個人的な好みもありますのでどうぞご勘弁を(笑)

 

 では早速ベスト10の発表・・・の前に、まずは全然知らなかったけど、話題になってたから観たら面白かった掘り出し物的作品の2作品の発表!

 

続きを読む