無知蒙昧のモノ語り

映画、音楽、本、雑感などなど好きなものを好き勝手に書いてます。

『アイアムアヒーロー』〜映画感想文〜

※この記事はちょっとだけネタバレしています

※グロテスクな表現も含みます

 

 

アイアムアヒーロー』(2016)

f:id:Heinoken:20160515221414j:plain

上映時間127分

監督 佐藤信介 脚本 野木亜紀子

 

花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼ばれるゾンビと化した人々に襲われ、逃亡の道中で出会った女子高生の比呂美と、元看護師の藪とともに不器用に戦いながらも、必死でサバイバルしていく姿を描く。主人公・英雄を演じる大泉と、歯のない赤ん坊ZQNにかまれ、人間に危害を加えない半ZQN状態になるヒロイン・比呂美役の有村架純、大胆な行動力でZQNに立ち向かう藪役の長澤まさみが共演。「GANTZ」「図書館戦争」シリーズを手がける佐藤信介監督がメガホンをとった。(以上、映画.comより)

 

予告編

www.youtube.com

 

 

 

 

英雄(ヒーロー)見参!!!!

 

 

 

 R15作品、世界でも認められた和製ゾンビ映画!ということで観に行って参りました。

 土曜日の昼に行ったからか結構人入ってましたね。隣に座ってた女子高生が途中からガンガン泣き出して、終わった後「ほんとに怖かったぁ、、」って言ってたのが本当に可愛くてサイコーでしたね(ぐう畜)

 

 

 話題になってましたが、キャストのオールスターっぷりを見て「いくらR15でもなぁ」とタカをくくっていたのですが、実際に観て「これほんとにR15かよ!!(歓喜)」という感じになりました(笑)

 

 

 もうとにかくZQN(ゾキュン)が気持ち悪い(賞賛)

 ビジュアルも動きも本当によくやったなぁという感じで、今っぽいゾンビ感なんだけどバイオハザードシリーズほど化け物でもなく、あくまで人間。

 

f:id:Heinoken:20160517023412j:plain

 

 

 言葉を発したり結構ギリギリまで意識があるっていうのも、気持ち悪さに拍車をかけてると思いますね。ぶつぶつ同じ言葉を繰り返してるのってかなりイヤな感じありますよね。ここら辺はJホラーっぽい。

 

 Jホラー的といえば本作の冒頭、彼女がZQN化するシーンのイヤな感じは完全にJホラー的演出で最高でした。

 ベッドからの起き上がりのイヤな動き、転がり落ちてからのイヤな動き、歯の抜け方(笑)正直僕はこのシーンが一番怖かったですね(笑)

 

 続く仕事場のシーンのドランクドラゴンの塚地さんもよかったです。

 ZQNになったマキタスポーツさんに日頃の不満をぶつけるシーンのイヤな感じ、そのままZQNに変化していく「どこまでが人間かわからない」感じもいい感じにイヤな感じ(矛盾)でした。

 

 

 そこからの「日常がちょっとずつ非日常になっていってもう大惨事!」な状況を長回しで緊張感保ったまま、見せる範囲を広くしていく見せ方も巧かったですね。まんまと乗せられました(笑)

 ちなみにですが「なんか既視感あるなぁ」と思ったらスピルバーグの『宇宙戦争』もこんな感じでしたね(どうでもいい文章)

 

 

 で、まぁそっからはサバイバルパニックものになっていくんですが、人の殺し方もZQNの殺しっぷりもサイコーでした。

 ヘッドショットしたら人の頭はそういう形になるよね、とか、血の吹き出し具合とか「これでR15で映倫に話つけたスタッフは偉い!」と思いました。

 

 ラストはZQNの大量虐殺なんですが、こんなに死体と血と薬莢が転がってる映画は久しぶりに観ました(笑)

 あとこのショッピングモールどうやって撮影したんだろうと思ったら、韓国のアウトレットの跡地らしくて、いい場所見つけたなーと思いました。

 荒れ具合がリアル(というか本当に荒れてる)

 

f:id:Heinoken:20160517023449j:plain

 サイコー!!!!

 

 

 

 で、こんな風に「とにかくグロい」とか「気持ち悪い」が売りになっているんですが(もちろんそれも大きな魅力ですが)、本作はちょっと泣けるんですよね。

 

 漫画家を諦められないけど芽が出ないダメダメ30代な鈴木英雄(大泉洋)。昔、漫画賞に受賞した時のトロフィーとか眺めちゃうダメさ。でもその気持ちわかるぞ(笑)

 そんな英雄に堪忍袋の緒が切れた彼女(片瀬那奈)が、ブチ切れるシーンはなんかもう自分が怒られてる気分でちょっと本気でヘコみました(ダメ感) 

 その後も、ZQNがいるのに「銃刀法違反になるから」と言ってせっかくの銃を使わなかったり、小悪党にボコられても平謝りだったりダメさを遺憾なく発揮する英雄。

  

 そんな英雄が「勇気を振り絞って扉を開ける」シーンは本当に号泣ものでした。

 イメージで何回も失敗するくだりとか、「わかるぞ、わかるぞぉ!でも頑張れよぉ!!」と完全に熱が入ってしまいまして、初めて彼が銃を撃ったシーンで思わずガッツポーズしてしまいました(笑)

 

 まさにRHYMESTARの名曲『ONCE AGAIN』の宇多丸バース!

www.youtube.com

 

 

 

 

 本作で出てくるZQNはみんな「過去の記憶」に囚われてしまった存在なんですね。

 で、人によっては「過去の栄光」だったり「不満に思っていること」だったり「頑張ってたこと」の記憶だったりするわけです。深読みするなら、この辺はちょっと現代人の在り方を象徴してるのかなぁと。酔っ払った時ってこうなっちゃいますよね。で、やっぱりそういうのってちょっとダサかったりウザい感じに見えてしまう(笑)

 

 そんなZQN達を「撃ち壊し」ながら進む、夢を諦められない人だった英雄。ZQNを一先ず片付けた英雄の姿は「カッコイイ」の一言でした。

 そして、ラストの名前を名乗るシーンがズシンと重く感じてからの「アイアムアヒーロー」というタイトルで鳥肌が立ちました。

 

 

 

 まぁZQNに関しての謎はほとんど解決されていないですし、終わり方は賛否両論あるかもしれません。でもそこが主軸の映画では無いと僕は思います。

 そんなことより不満点は、有村架純ちゃんがずっと可愛いままことですね。もうちょっと気持ち悪くなった有村架純が見たかった!!!(フェチ)

 

 

f:id:Heinoken:20160517030538j:plain

 

可愛いじゃねぇか!感染してるならもっと特殊メイクマシマシにしろよ!!

 

 

 

 とまぁそんな感じで、尻切れトンボな分この後どうなったかが想像できたり、ZQNが現代人を批評的に象徴しているみたいな読み解きもできますし、難しく考えなくてもアツくなれて興奮できるエンターテイメント作品であることは間違いないです!

 

 和製ゾンビ映画の傑作でした!!

 

 

 

 原作も読んでみようかなぁ。

www.amazon.co.jp